2017年12月16日土曜日

米超大手特許翻訳会社もMTPE(機械翻訳+ポストエディット)を開始!

米超大手特許翻訳会社もMTPE(機械翻訳+ポストエディット)サービスを開始するという(すでに開始して時間が経っているかもしれないが)情報を得た。料金は、XX%オフ!(半額ではなかった)。

日本でも状況は同じだと思うが、特許翻訳会社は出願人さんの意向で機械翻訳を禁止している会社が多い。米国の超大手特許翻訳会社が機械翻訳導入を開始するということは出願人さんから許可が出たということだ(自社サーバーで機械翻訳を稼働させることは技術的に可能なので第三者へのデータの漏えいの問題はほ、ぼ解決したのだと思う)。これだけの値下げが可能になるということは、そのまま何もしないとこの翻訳会社が市場を独占しかねない。市場原理から言うと、競合会社は追随するしかない。近い将来(来年とか)、MTPEが特許翻訳の業界標準になると言っても過言ではないと思う。

ただしMTPEしかなくなるかどうかだが、ホテル業界を例とすると、高級ホテルとバジェットホテルとが共存している。このように、機械翻訳と人間翻訳とは共存すると思います。

2017年12月15日金曜日

忘年会、新年会、歓迎会等はランチタイムに

我々は、忘年会、新年会、歓迎会等は、ランチタイムに必ず開催しています。夕方にスタッフを拘束したくないからです。ランチに開催した方がダラダラしなくて済むでしょ?その方が絶対に効率的だと思います。

今年の忘年会の様子(まだ食べる前の写真)

2017年12月14日木曜日

喫煙者の方が生産効率が高いと知ったら?

喫煙者に対する風当たりが強い。彼らは、会社が認めていないのに1時間に1回程度勝手に煙草休憩を取っている、というのだ。1回に10分休憩を取ったとしたら、1日当たり60分は余計に休憩を取っていることになる。けしからん!と非喫煙者は言う(僕もタバコは吸わない)。

しかし生産効率を考えた場合、実は、喫煙者の方が効率が高い場合もある。つまり喫煙者は、1時間に10分程度休憩を取っているので、休憩から返ってきたら頭がスッキリしているのだ。どの生産効率に関する本を読んでも1時間に10分ほど休憩するほうが生産性が上がると書いている。これぐらいの頻度で休憩した方が背骨の負担も軽くなるので姿勢が良くなっていいだろう。

非喫煙者の方で、勤務中は、ランチ休憩を覗いて休憩をしない人は、疲労が蓄積されすぎて、逆に生産性が悪くなる。

喫煙者には、積極的に会社から1時間に1回は煙草休憩を取れと指示した方が会社全体の生産性は上がるかもしれません。

2017年12月13日水曜日

2019年には、MT+PEが通常業務になるだろう。

我々は、2019年に機械翻訳を全件(英日/日英)に導入すると発表した。ちょうどいいタイミングでの発表だったと思う。今の手応えとすれば、2019年頃には機械翻訳が当たり前過ぎて全件に導入すると言っても誰も関心がなくなっているだろうと思うからだ。

最近は、PEの打診が急増している(問い合わせされるワード数の単位が多い!月間100万ワード単位とか)。一日でも速くポストエディタの育成をしなければならないと思っている。

もしPEが主流になったらどうする?という質問に対して、ある翻訳者さんは、「では、別の仕事を始めます」と答えた。料金を考えたらその方が良いだろう。果たして我々は、群雄割拠する機械翻訳業界で勝ち残れるだろうか。

2017年12月12日火曜日

変動ランチタイム性

我々は、ランチタイムは変動性である。好きなときに行っていいことになっている(一応、就業規則上、12:00~13:00だが、業務の都合上、その限りではないとしている)。

翻訳者の立場になればどうしても手が離せないタイミングもあるので、12時なれば自動的に休憩する必要はないということにしています。

ただし僕が見たところ、どの時間帯にランチに行くかはスタッフごとになんとなく決まっているみたいです。

ちなみに僕は、12時~13時にランチに行っています。

少し効率が上がるだろうか?

2017年12月11日月曜日

Finally submitted the abstract for The 7th Workshop on Patent and Scientific Literature Translation (PLST2017)!

Today, I finally submitted the abstract (created by staff and submitted by me).

The 7th Workshop on Patent and Scientific Literature Translation (PSLT2017) will be held on September 22 at Nagoya University (This article was originally written on August 10th). If you are around, please come join us!

Invited talks will be done by well known speakers from Apple and WIPO...

I'll most likely feel out of place, but I'll do my best nonetheless.

Here is what I'll be talking about:

Neural Machine Translation and Patent Translation from LSP Perspective
Masa Kajiki kajiki@mktranslaktionfirm.com

  1. Abstract
Five descriptions of Neural Machine Translation from a translation company (LSP) perspective in the following order:
1) Description of the service (Hybrid Translation) based on neural machine translation.
2) How much faster the translation has become and the amount of editing needed for translations.
3) Problems regarding implementation of neural machine translation.
4) Possibility of Neural Machine Translation dramatically changing the business of translation companies.
5) Description of the company’s direction to end human translation by 2018 and utilize machine translation for all projects starting from 2019.
  1. Introduction

According to some Internet news article, translation is an industry likely to disappear in the future. We will truly disappear if we continue translating in a conventional way. We cannot just stand and watch this happen. Just then, usage of Neural Machine Translation was permitted for commercial use for private translation companies. At this time, we decided to start a service utilizing the Neural Machine Translation. We have come up with a Hybrid Translation, which is a new service combining Neural Machine Translation, a cloud translation system and a post editor....

2017年12月10日日曜日

"5 hours a day and 4 days a week" "Revolutionizing working style"

The reason why we are making an effort to introduce machine translation is to achieve certain goal. The goal is to:

work "5 hours a day and 4 days a week".

If we can implement machine translation, work efficiency will improve and there will be no over time. If work efficiency improves, the amount of work it took in "7.5 hours x 5 days" will be complete in "5 hours x 4 days". If this comes true, the working hour becomes 5 hours and we will have 3 day weekends!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

For me, work is not everything in my life. Considering my lifestyle, I may be working most of my days but time outside of work is also important.

For example, coaches for the young baseball team are instructing with homemade lunch boxes. If these people can work 4 days a week, they can go to work and instruct the children. Plus, they will have one full day off. I belonged to a boys baseball team when I was younger, so directors and coaches at that time were probably exhausted (These people are probably living a hard life even today).

Presidents who are aiming to be listed in the stock market are working hard from 6 in the morning to 10 at night. This type of employers expect others to do the same. Some staff may not be into that (who cares how many hours the management side works). Anyway, my life doesn't revolve around work. A company that can only do work shows how small the company is.

Our company's policy is to work efficiently within fixed working hours (7.5hr). We use various technology to help achieve this. Machine translation is one of them.

I want to "revolutionize working style" by implementing machine translation. Whether or not machine translation is successful depends on whether the above standards are satisfied.

If we can achieve 5 hours a day and 4 days a week, I want to read books I like on Kindle, study Latin and









注目の投稿

PR_Notification of Establishment of “Machine Translation and Post-Editing Department” Eliminating All Human Translations

Notification of Establishment of “Machine Translation and Post-Editing Department” Eliminating All Human Translations October 2, 2017...